読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みことばサプリ

- 心とカラダをリフレッシュ -

神から出たものかどうか

第1ヨハネ 偽教師 聖霊 反キリスト

愛する人たち。

だれかが、「これこそ神の教えです」と言っても、それをうのみにして信じてはなりません。

 

まず、それが確かに神から出たものかどうかを試しなさい。

 

多くの偽教師があちこちに現れているからです。

 

彼らのことばが、聖霊から出たものかどうかを確かめる方法があります。

それは、神の子イエス・キリストが人間となって来られたことを、その人が認めるかどうかです。

 

もしそのことを認めるなら、彼のことばは神から出たものと信じていいでしょう。

 

しかし、そうでなければ神から出たものではなく、明らかに反キリストであり、キリストに敵対する者から出ているのです。

 

この反キリストが出現することは、以前から聞かされていたはずです。

彼らは今、至る所で、キリストへの敵意をむき出しにしています。

 

第1ヨハネ4:1-3

 

こちらも合わせてどうぞ
気をつけなさい

優しいことば

箴言 ことば

穏やかに答えれば相手の心を静め、
激しいことばでやり返すとけんかになります。

 

良い教師がいれば学習が楽しくなり、
無力な教師は益にならないことをまくし立てます。

 

主はあらゆる所で、
悪人も正しい人も一人残らず見張っています。

 

優しいことばは人を元気づけ、
不平は人の気をくじきます。

 

愚かな子ほど父親の忠告を見くびり、
利口な子ほど、ひと言ひと言を熱心に聞きます。

 

箴言15:1-5

 

こちらも合わせてどうぞ
親切なことばはうれしい

広告を非表示にする

自分のことばに注意をはらいなさい

詩篇

あなたたちは、
幸せな長い人生を送りたいと願っているのか。

 

それなら、自分のことばに注意をはらいなさい。

どんなことがあっても、うそをつかないことです。

 

罪だと思うものからは、いっさい手を引き、
善を行うことに身を入れなさい。

 

だれとでも仲良く暮らし、
そのために全力を尽くしなさい。

 

主は正しい生活を送る者をじっと見守り、
その人の願うことを聞き届けてくださいます。

 

詩篇32:12-15

 

こちらも合わせてどうぞ
偽りを言わない

私のことを考えていてくださる

詩篇 共にいる

主よ。

あなたが私をかた時も忘れずにいてくださることは、ほんとうにたいせつな事実です。

 

あなたは一日に、数えきれないほど何度も、私のことを思い起こしてくださいます。

 

眠っているときも、朝までずっと、私のことを考えていてくださるのです。



詩篇139:17-18

 

こちらも合わせてどうぞ
主は私の味方

将来の勝利は確実

第1コリント 復活 働き 勝利

愛する皆さん。このように将来の勝利は確実なのですから、しっかり立って、動揺することなく、いつも、主の働きに熱心に励みなさい。

 

なぜなら、復活は確かであり、主のための働きが決してむだに終わらないことを、あなたがたは知っているからです。

 

第1コリント15:58

こちらも合わせてどうぞ
生きている者の神

広告を非表示にする

イエス様の姿

イザヤ書 子羊

 

しかし、それを信じる人は
なんと少ないことでしょう。

 

だれが、耳をすまして聞くでしょう。

 

神はだれに、救いの力を示すのでしょう。



主の目には、彼は不毛の地に芽を吹いた
柔らかな新芽のようで、
私たちの目には、
心引かれるものは何一つなく、
慕うようなものもありません。



私たちは彼をさげすみ、受け入れませんでした。

 

彼は悲しみの人で、
苦しみをなめ尽くした人でした。

 

私たちは彼に背を向け、
そばを通っても顔をそらしました。

 

彼が侮られても、そ知らぬふりをしていました。



しかし、彼は私たちの悲しみを負い、
私たちの嘆きをにないました。

 

私たちは、彼がそんなに苦しむのは、罪を犯して
神に罰せられているからだと思いました。



しかし、私たちの罪のために傷つき、
血を流したのです。

 

彼は私たちに平安を与えようとして、
進んで懲らしめを受けました。

 

彼がむち打たれたので、私たちはいやされました。



私たちは神の道を離れ、
羊のようにさまよい出て、
自分勝手な道を歩いてきました。

 

しかし神は、私たち一人一人の罪を
彼に負わせたのです。



彼は痛めつけられ、苦しみ悩みました。

 

それでも、ひと言も語りませんでした。

 

子羊のようにおとなしくほふり場へ引いて行かれ、
毛を刈り取られる羊のように、
非難を浴びせる者たちの前に黙って立ちました。



人々は彼を裁判にかけ、刑場へ引き立てました。

 

はたして、彼が死ぬのは自分たちの罪のためであり、
身代わりに罰を受けて苦しんでいることを
知っていた者が、その時代にいたでしょうか。



彼は罪人扱いを受け、富む者の墓に葬られました。

 

悪いことをしたわけでもなく、
悪いことばを口にしたわけでもありません。



彼を傷つけ、悲しみで満たすのは、
主の計画だったのです。

 

罪の赦しのためのささげ物として、
そのたましいをささげるとき、
彼は多くの子孫を見ることができます。

 

彼は復活し、
神の計画は彼の手によって成し遂げられます。



彼は、自分のたましいが苦しみもだえた末、
神のみわざが実現するのを見て、満足します。

 

「わたしの正しいしもべは、
このような苦しみを経験して、
多くの人を神の前に義とする。

 

彼が人々の罪をすべてになうからだ。



それゆえ、わたしは 彼に、
偉大な勝利者としての栄誉を与える。

 

彼は進んでいのちをささげたのだ。

 

彼は罪人の一人に数えられ、多くの人の罪を負い、
罪人のために神にとりなしをした。」

 

イザヤ書54:1-12

こちらも合わせてどうぞ
なぜイエス様に十字架が必要だったのか

広告を非表示にする

奥義を明らかにする神様

ダニエル書 奥義

 

「神の御名が、永遠にほめたたえられますように。

神だけがすべての知恵と力をお持ちです。

 

世界の出来事は、すべて神の支配下にあります。

 

王を退け、ほかの者を王位につけるのは、 神にほかなりません。

 

知者に知恵を与え、学者に知性を与えるのも、 神です。

 

神は、人の理解を越えた 深い奥義を明らかにしてくださいます。

 

人の目に隠されているどんなこともご存じです。

 

神は光ですから、どんな暗闇も 見通してしまわれるのです。

 

ダニエル書2:20-22

こちらも合わせてどうぞ
十字架の奥義