読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みことばサプリ

- 心とカラダをリフレッシュ -

自己中心にならず

いつも主にあって喜びなさい。

 

もう一度言います。

喜びなさい。

 

自己中心にならず、あなたがたが思いやりにあふれていることを、だれもが知る者になりなさい。

 

主がもうすぐ来られると、いつも意識していなさい。

 

何事も心配しないで、どんな時でも神に祈りなさい。

そして、祈りに答えてくださる神に感謝しましょう。

 

そうすれば、人間の理解をはるかに超えた、すばらしい神の平安を経験します。

 

キリスト・イエスにあって、その平安はあなたがたの心と思いを静め、安らかにしてくれるのです。

 

ピリピ4:4-7

 

こちらも合わせてどうぞ
喜んで集まる

広告を非表示にする

私の盾

ダビデは、主がサウルをはじめ多くの敵から彼を救い出した時、この歌を歌いました。

 

主よ。

私はどれほど主をお慕いしていることでしょう。

こんなにもすばらしいことをしてくださった主を。

 

主は、安心して身を寄せることのできるとりでです。

 

誰ひとり、このとりでに入って来て、私を殺すことはできません。

 

主は、身を隠すことができる険しい山であり、
私の救い主です。

 

だれも近づくことのできない岩、安全を守る塔、
また私の盾です。

 

私はただ、主に叫び求めさえすればよいのです。

そうすれば主は、あらゆる敵から助けてくださいます。

 

ああ、主をほめたたえます。

 

死の鎖が私に巻きつき、 洪水のように滅びが押し寄せてきました。

私は罠に落ち、助けてくれる人もなく、 死へと引きずり込む綱の力に抵抗してもがきました。

 

苦しみの中で、私は主の助けを叫び求めました。

 

その声を、主は天から聞いてくださいました。

叫びは届いたのです。

 

詩篇18:1-6

 

こちらも合わせてどうぞ
誰が幸せなのか

広告を非表示にする

真理である聖霊

まず、罪とはわたしを信じないことです。

 

正しい心を持ち、神と正しい関係を結べるのは、わたしが父のもとに行き、もはやわたしを見なくなるからです。

 

さばきから救われるのは、この世の支配者がすでにさばかれたからです。

 

ああ、話しておきたいことはまだまだたくさんあります。

それなのに、今のあなたがたには理解できないことばかりです。

 

しかし、真理である聖霊が来られます。

 

その方の指導を受けて、あなたがたもいつか、すべての真理を知るのです。

 

聖霊は、自分の考えを述べたりしません。

ただ、聞くままを伝え、やがて起こることについても話します。

 

また、わたしの栄光を示すことによって、わたしに大きな栄誉を与えます。

父の栄光はみなわたしの栄光です。

 

だから聖霊がわたしの栄光を示すと言ったのです。

 

ヨハネ福音書16:9-15

 

こちらも合わせてどうぞ
聖書は人を整えてくれる

広告を非表示にする

警告をしっかり心にとめて

これらのことを話したのは、これからどんなことが起こっても、あなたがたがくじけないためです。

 

会堂から追放され、いのちまでつけねらわれる身になることを覚悟しなさい。

 

事実、あなたがたを殺すことで神への奉仕を果たすのだと、人々がとんでもない思い違いをする時が来ます。

 

父をも、わたしをも知らない人々のやりそうなことです。

 

いいですか。

この警告をしっかり心にとめておきなさい。

 

迫害が現実に起きた時、あわてふためかないですむようにしなさい。

 

今までこんなことを言わなかったのは、しばらくの間でも、いっしょにいてあげられたからです。

 

しかし今、わたしは、わたしをお遣わしになった方のもとに行かなければなりません。

 

それでもあなたがたは、わたしが何のためにそこへ行くのか、知りたくないようです。

だれ一人、どこに行くのか尋ねもしません。

 

かえって、わたしの話を聞いて、悲しみに心が満ちています。

 

しかし、わたしが行くことは、あなたがたにとって一番よいことなのです。

 

わたしが行かなければ、助け手である聖霊はおいでになりません。

行けば必ずおいでになります。

 

それというのも、わたしがその方を遣わすからです。

その方が来られると、世の人に誤りを認めさせます。

 

罪、心の正しさ、神との正しい関係、さばきからの救いについて、人々は考え違いをしているのです。

 

ヨハネ福音書16:1-8

 

こちらも合わせてどうぞ
義人は信仰によって生きる

喜んで光のほうに

この神の子を信じる者は、永遠の滅びを免れます。

 

しかし信じない者は、神のひとり子を信じなかったので、すでにさばかれているのです。

 

そのさばきに会ったのは、天からの光が世に来ているのに、行いが悪く、光よりも闇を愛したからです。

 

彼らは天からの光をきらい、罪が暴露されるのを恐れて、光のほうに来ようとしません。

 

しかし正しいことを行っている人は、喜んで光のほうに来ます。

 

神の望まれることを行っていることが、はっきりわかるためです。

 

ヨハネ福音書3:18-21

 

こちらも合わせてどうぞ
罪人に対する主の憐れみ

広告を非表示にする

わたしは共にいる

あなたを造った主は、今こう言って慰めてくれます。

 

「恐れるな。

わたしはあなたを買い戻したのだ。

 

わたしはあなたの名を呼んだ。

あなたはわたしのものだ。

 

たとえ水の中をくぐり、大きな困難にぶつかっても、わたしは共にいる。

 

悩みの川を渡るときも、おぼれはしない。

 

迫害の火の手が上がり、
そこを通り抜けていくときも心配はない。

 

炎はあなたを焼き殺さないからだ。

 

わたしは主、あなたの神、あなたの救い主、イスラエルの聖なる神だ。

 

イザヤ書43:1-3

 

こちらも合わせてどうぞ
信仰を失わないように

広告を非表示にする

神が何を望んでおられるか

そういうわけで、私たちはそのことを聞いた時から、絶えずこう祈り求めています。

 

どうか、神が何を望んでおられるか、はっきりとあなたがたにわかりますように。

 

また、霊的なことに対する理解力が与えられますように。

いつも主に喜ばれる生き方をして、主の評判を高めることができますように。

 

他の人々に善意と親切とを示し、神をますます深く知るに至りますように。

 

また、こうも祈っています。

あなたがたが神の栄光ある力に満たされて、どんなことが起ころうとも前進し、いつも、主の喜びにあふれていることができますように。

 

また、光の国にすばらしい場所を備え、私たちをそこに住むにふさわしい者としてくださった父なる神に、いつも感謝できますように。

 

コロサイ1:9-12

 

こちらも合わせてどうぞ
祝福を受ける秘訣