みことばサプリ

- 心とカラダをリフレッシュ -

最後のさばきがある

また、もう一つ心にとめてほしいことがあります。

 

それは、かつては汚れなく、きよい存在であったにもかかわらず、罪に堕落していった、あの天使たちのことです。

 

神は、彼らを審判の日まで鎖につなぎ、暗黒の牢獄に閉じ込めてしまわれました。

 

また、ソドムとゴモラ、およびその周辺の町々に起こったことも忘れてはなりません。

 

これらの町は、同性愛やあらゆる種類の好色に満ち、そのために、永遠の刑罰の火で焼き滅ぼされたのです。

 

これらのことは、最後のさばきがあることを、後世の人々に知らせる警告となったのです。

 

それにもかかわらず、偽教師は臆面もなく、邪悪で不道徳な生活にふけっています。

 

みだらな行為によって自分の肉体を汚し、神の権威を軽んじ、さらに天使をも非難しているのです。

 

天使として最高の権威を持つミカエルでさえ、モーセの体について悪魔と言い争った時、あえて相手をののしったり、あざけったりはせず、「主がおまえをとがめてくださるように」と言っただけではありませんか(ダニエル10章)。

 

しかし、あの偽教師たちときたら、自分にもわからないことを非難し、ののしっています。

 

まるで動物のように、したいほうだいのことをして、自分のたましいを永遠の滅びへと追いやったのです。


ユダの手紙6-10

 

こちらも合わせてどうぞ
みことばを聞く態度

広告を非表示にする